認知症防止

アラキドン酸で乳児の移動行動を軽減

アラキドン酸は哺乳類に欠かす事が出来ない成分なのですが、この成分を摂取すると体内で生体成長ホルモンが作成されて、人間の体内に必要な免疫力や神経細胞の発達などを効果的いに対応してくれるのですが、この作用は乳児に欠かせないのです。
乳児の時は発達段階で、神経細胞や免疫力など一番必要になる時期で、その時にアラキドン酸をしっかり摂らないと成長していく上で、影響が出てくるので、乳児の時にいかにこのアラキドン酸を与えるかが重要になるのです。
また、このアラキドン酸を摂取して、生体成長ホルモンの分泌を効果的に行う事で、乳児の時のわんぱくで危なっかしい行動の抑制にも繋げる事が出来るので、乳児には特に欠かす事が出来ない成分となっているのです。

このアラキドン酸ですが、実は母乳からとれる成分で、乳児の時からお母さんの母乳を通じて受け取っているので、しっかりと対応をしているのですが、母乳で育たなかった乳児は行動が活発になり、危ないなどの危険認識が発達するのが遅れるのです。
母乳でなくても粉ミルクにアラキドン酸の成分を含んでいる物もあるので、母乳で対応できないという場合は、この粉ミルクを使用して対応する事が出来るので、アラキドン酸をしっかり摂取させる事が重要なのです。

↓アラキドン酸を効果的に摂取する方法
   

このページの先頭へ