認知症防止

アラキドン酸で低下していた血小板凝集能を改善

血小板は血液の中にある、肌に傷が出来た時に、その部分に集まり傷口をふさいで対応してくれるのですが、この対応は脳の命令から来ており、脳から傷が出来たからそこを塞いでほしいという命令が来ることで血小板が集まり、傷口を塞いでいくのです。
この役割を果たしているのが神経細胞になるのですが、この神経細胞から血小板凝集能の対応を行ってくれるのですが、これは加齢と共に低下していくので、その低下の減少を防止するために活躍してくれるのがアラキドン酸なのです。
アラキドン酸は神経細胞を活発化させてくれる効果があり、この成分を摂取する事で、脳から来る血小板凝集能の命令を低下させずに対応できるので、日常生活を快適に送る事が出来るようになるので、凄く魅力的なのです。

アラキドン酸が哺乳類に欠かせないという理由には、神経細胞を活発化させてくれる働きが大きく関係しており、傷口をしっかり塞ぐためには欠かす事が出来ない欠かす事が出来ない成分として知られているのです。
血小板凝集能の低下は加齢が主ですが、最近では生活習慣も大きく関係しているので、毎日を快適に送るためにも、このアラキドン酸を摂取して快適に対応する事をお勧めします。

このページの先頭へ