認知症防止

アラキドン酸の理想的な摂取量

アラキドン酸は植物には含まれていない成分で、これを食べ物から摂取しようとすると動物性の食べ物を摂取しないといけなくなるのですが、その仕組みから沢山の動物性の食べ物である牛肉や魚や卵などを摂取する方が多いのですが、これでは逆効果なのです。
アラキドン酸には理想的な摂取量というものが存在しており、この範囲内で摂る事により、体に余計な負担をかけずに、生体成長ホルモンの分泌を効果的に高める事が出来るので、理想的な摂取量を守る事は凄く重要な事なのです。
アラキドン酸は哺乳類に必ず必要な成分なので、沢山摂ってもいいのではと考えがちですが、その考えは体に負担をかける環境を作成してしまい、せっかくの有効成分の効果を逆効果にしてしまうのです。

そんな環境にならないように理想的な摂取量とされる520mgに合わせて摂っていく必要があるのですが、これを毎日の食事の中で計算すると大変な事になるので、摂取量の目安がわかるサプリメント形式が凄くお勧めなのです。
哺乳類に欠かす事が出来ないとされるアラキドン酸の効力をしっかり把握するためには、このように理想的な摂取量の中で、対応して体に負担をかけない環境を作成していく事が一番重要な事とされているのです。

このページの先頭へ